FC2ブログ
Profile

kaioc

Author:kaioc
ボク柴わんこ。名前はカイちゃん。自分のことを人間だと思ってるって言われるけど、そうじゃない。世の中はみぃんなわんこだと思っているだけさっ。

library



チャイちゃん






パンダさん


しばわんちゃん


オレゴンのぱぐママ


うっとりにゃんこ


柴犬の会話


おはなはん


etc.









































スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

227

ペットロス 2

三日目は、ほんとうにつらかった。自分はもはや狂人の域にいたと思う。

自分が猿であったらどんなによかったろうと思った。

猿のお母さんは、赤ちゃんが亡くなってしまっても、気づかず、あるいは気づいているのか、その赤ちゃんをいつまでもいつまでも離そうとしないのだという。

私もそうしていたかった。狂人と言われてもいいから、そうしていたかった。いつまでもいつまでもカイちゃんを撫でたり、さすったり、モミモミしたりしていたかった。カイちゃんが歩けないなら抱っこして、何日も何ヶ月も何年ももっともっと一緒に散歩したかった。

もしもカイしかいない一人の暮らしなら、きっとそうしていたと思う。
ただカイちゃんと一緒にいたいという、それしかなかった。

強烈な欠落感と喪失感。精神的には九分九厘死滅していた。

東北大震災で被災されたかたのことを思えば、こんな甘えたことを言っておってはいかん。そんなことは五百パーセントわかっている。

わかっているけど、ただただ喪失感だけがあって、気持ちが全くついてこない。理性のチカラなんて完全に無力だ。

明日はペットロス専門のカウンセリングに行かないとまずいなこれはと、そのカケラほどの理性で考えた。その明日、カイちゃんが白日夢となって叱りつけにきてくれた。危ないところだった。

ペットロスで悲しむみなさんも、きっと愛犬・愛猫がすぐそこで怒ってることと思いますよ。

CHANTO YARE

って。
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。